ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

神楽団紹介
トップ  >  保持演目  >  葛城山

 大和の国葛城山に古くから住んでいたという土蜘蛛の精魂は、朝廷に従わず世を乱し抵抗を続けていました。


時の朝廷に仕える源頼光が重い病気にかかり、侍女・胡蝶に典薬の神から薬をもらい受けるように申し付けたのを聞きつけた土 


蜘蛛の精魂は、胡蝶を襲い典薬の薬を毒薬にすり替え、頼光に飲ませ殺そうとします。


 しかし、頼光の枕元にあった伝家の宝刀「膝丸」の威徳によって土蜘蛛の精魂は手傷を負い、葛城山へと逃げ失せます。


 頼光はその太刀を「蜘蛛切丸」と改めて四天王に授け、葛城山の土蜘蛛征伐を命じます。


 四天王は土蜘蛛の流血のあとを追って、ついに葛城山にたどり着き、激闘の末、めでたく土蜘蛛を退治するという物語です。


カテゴリートップ
保持演目
次
紅葉狩

今後の予定
  10月28日
陰陽神楽競演大会
  11月4日
清水川神社秋祭り
  11月11日
  11月11日
優秀神楽発表大会
  11月12日
福山神辺文化会館神楽