ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

神楽団紹介
トップ  >  保持演目  >  筑波山

 平安中期、天慶の乱で藤原秀郷・平貞盛のため討たれた平将門に仕えていた女が、主が討たれた後、その仇を討たんと筑波山


に篭もり修行を重ね、千変万化の妖術を修得し鬼女となって近郷を荒らしていました。


 それを伝え聞いた藤原秀郷は都から平貞盛を呼び出し鬼女征伐を謀りますが、それを知った鬼女は二荒神に仕える女に仮装し


て秀郷の館を訪れます。


 女は毒酒をお神酒と偽り秀郷と貞盛に勧め、それを飲み倒れた二人を襲いますが、神徳の前に術破れ筑波山に逃げ帰ります。


 それを追った秀郷と貞盛は二荒神の加護のもと、めでたく鬼女を成敗するという物語です。

前
紅葉狩
カテゴリートップ
保持演目
次
滝夜叉姫

今後の予定
  10月28日
陰陽神楽競演大会
  11月4日
清水川神社秋祭り
  11月11日
  11月11日
優秀神楽発表大会
  11月12日
福山神辺文化会館神楽